アプリケーションソフトウェア
アプリケーションソフトウェア: Application software)とは、コンピュータの利用者がコンピュータ上で実行したい作業を実施する機能を直接的に有するソフトウェアである。「アプリケーション」や「アプリ」、「app」と略されることもある。一方、アプリケーションソフトウェアと対比されるソフトウェアとして、システムソフトウェアがある。システムソフトウェアは、コンピュータの稼動自体に必要となるソフトウェアであり、利用者が実施しようとする作業の目的を直接実現するものではない。

1 概要
 用語論
  オペレーティングシステムとの関連
  コンテンツとの関連
2 分類
 企業
 企業基盤
 インフォメーションワーカー向け
 コンテンツアクセス
 教育
 シミュレーション
 コンテンツ開発
 エンジニアリング
3 脚注・出典
4 関連項目