アルフレッド・マーシャル
アルフレッド・マーシャルAlfred Marshall1842年7月26日 - 1924年7月13日)は、イギリス経済学者新古典派経済学を代表する研究者。ケンブリッジ大学教授を務め、ケンブリッジ学派と呼ばれる学派を形成した。同大学の経済学科の独立にも尽力した。主著は、『経済学原理』("Principles of Economics",1890年)。ジョン・メイナード・ケインズアーサー・セシル・ピグーを育てたことでも知られる。マーシャルは、彼の時代において最も有力な経済学者の1人となった。彼の主著『経済学原理』では需要と供給の理論、すなわち限界効用と生産費用の首尾一貫した理論を束ね合わせた。この本は長い間、英国で最も良く使われる経済学の教科書となった。

1 伝記
2 理論的貢献
3 マーシャルのkと所得流通速度
4 人物
5 語録
6 脚注
7 参考資料
8 関連項目