インタプリタ
インタープリタ インタプリタ(interpreter)とは、プログラミング言語で書かれたソースコード、ないし中間表現を逐次解釈しながら実行するプログラムのこと。プログラムの実行に主としてインタプリタを用いるプログラミング言語をインタプリタ言語と呼ぶ。一括して翻訳するコンパイラと対比される。Javaのように、中間表現に変換するコンパイラと、中間表現を実行するインタプリタに分ける、という構成をとるものもある。

1 定義
2 特徴
3 バイトコードインタプリタ
4 デバッグ、教育用インタプリタ
5 インタプリタ型の処理系が一般的なプログラミング言語
 インタプリタとコンパイラ方式が併用の物
 インタプリタもコンパイラもどちらもよく使われる物
6 関連項目