オペレーティングシステム
オペレーティングシステムOperating System, OS)とは、コンピュータにおいて、ハードウェアを抽象化したインターフェースアプリケーションソフトウェアに提供するソフトウェアであり、システムソフトウェアの一種である。マスコミ等は日本語訳として「基本ソフト」を使っている。なお、OSのGUIフロントエンドであるデスクトップ環境についても触れる。広義のOSには、ウィンドウシステムデータベース管理システム (DBMS) などのミドルウェア、ファイル管理ソフトウェアやエディタや各種設定ツールなどのユーティリティ(これらはいずれも基本ソフトウェア)、基本的なアプリケーションソフトウェア(ウェブブラウザや時計などのアクセサリ)を含むことがある。一般的に「オペレーティングシステム」という場合はこちらを指すことが多い。現在に至る統合環境と平易なユーザインタフェースを意識する傾向は、Mac OSMicrosoft Windowsの登場で鮮明となった。このため、Mac OS以降の近年のOSとMS-DOSなどの初期のOSは分けて扱われることが多い。OSの中で、ハードウェアを直接管理操作するなどの最も中心的な機能の部分を、特にカーネルと呼んで分けることもある。この場合、カーネル以外の部分(シェルなど)はユーザーランドと呼ばれる。また、カーネルとユーザーランドではCPUモードアドレス空間が異なっている。オペレーティングシステムは完全な一般名詞だが、“OS”は本来IBM商標である。

1 OSの目的
2 OSの機能
 APIとABI
 プロセス管理
 メモリ管理
 ファイルシステム
  代表例
  プラットフォーム間の差異
  障害への対応
 ネットワーク
 セキュリティ
 グラフィカルユーザインタフェース (''GUI'')
 デバイスドライバ
3 OSの歴史
 1950年代 OS前史
 1960年代 OSの確立
 1970年代-1980年代前半 分散システムの台頭
 1980年代後半-2000年代初頭 次世代OSへの流れ
 2000年代中盤以降 OSの多様化
 2010年以降の展望 ユビキタス時代へ
4 OSの分類
 タスク管理の特徴
 応用分野
5 脚注
6 関連項目
7 外部リンク