クロージャ
クロージャ(クロージャー、closure、閉包)はプログラミング言語における関数の一種。引数以外の変数を実行時の環境ではなく、自身が定義された環境(静的スコープ)において解決することを特徴とする。関数とそれを評価する環境のペアであるともいえる。この概念は少なくとも1960年代のSECDマシンまで遡ることができる。まれに、関数ではなくとも、環境に紐付けられたデータ構造のことをクロージャと呼ぶ場合もある。

1 概要
2
3 クロージャの用途
4 クロージャを持つプログラミング言語
5 セマンティクスの違い
6 クロージャに類似の構文
 C
 C++
 Eiffel
 Java
7 実装
8 関連項目
9 参考文献
10 脚注
11 外部リンク