実行時コンパイラ
実行時コンパイラJust-In-Time CompilerJITコンパイラ、その都度のコンパイラ)とは、ソフトウェアの実行時にコードのコンパイルを行い実行速度の向上を図るコンパイラのこと。通常のコンパイラソースコード(あるいは中間コード)から対象CPUの機械語への変換を実行前に事前に行い、これをJITと対比して事前コンパイラ (Ahead-Of-Timeコンパイラ、AOTコンパイラ)と呼ぶ。

1 概要
2 インタプリタ方式との比較
3 適応的コンパイル (Adaptive Compilation)
4 JITコンパイル方式の利点
5 応用
6 JavaのJITコンパイラ
7 JavaScriptのJITコンパイラ
8 関連項目
9 参照
10 外部リンク