セキュリティホール
セキュリティホールsecurity hole)とは、コンピュータソフトウェアの欠陥(バグ、不具合、あるいはシステム上の盲点)のひとつで、本来操作できないはずの操作(権限のないユーザが権限を超えた操作を実行するなど)ができてしまったり、見えるべきでない情報が第三者に見えてしまうような不具合をいう。ハードウェアおよびそれを含めたシステム全般の欠陥を指すこともある。このような欠陥は古くから存在したが、特に問題視されるようになったのはインターネットの発展に伴い、セキュリティホールがネットワークを介して容易に攻撃されうる状態になっているからである。原因は、プログラムのコーディングミスや、システムの設定ミス、システム設計上の考慮不足などによる。セキュリティホールを生み出す背景には、ソフトウェア企業が成長を続けるため、アプリケーションのバージョンアップのたびに余計な機能を盛り込みソフトウェアを肥大化させることが挙げられる。

1 脆弱性
2 セキュリティホールに関連した騒ぎ
3 ゼロデイアタック
4 エクスプロイト
5 脚注
6 関連項目
7 外部リンク