データ転送
データ転送(データてんそう)とは、ある場所から別の場所へ何らかのデータ情報転送することである。かつては飛脚が使われたり、焚き火腕木通信のリレーで行われたりしたが、その後銅上でモールス符号を使って行われるようになった。さらにテレックスやコンピュータを使い、ビットまたはバイトのストリームを様々な技術を駆使して送信するようになった。転送手段としては、光ファイバーレーザー無線赤外線などがある。例えば、Webサイトにアクセスして記憶装置からデータを取り出すことで、WebサーバからWebブラウザにデータ転送が行われる。ただし遠方へのデータや情報の移動や送り出す手法には転送伝送があり、これらは区別される。データ転送に関する概念として通信プロトコルがある。現在はパケットをベースとしたプロトコルによる通信が多い。

1 種類
2 同期データ転送と非同期データ転送
3 関連項目