プログラミング言語

低級言語と高級言語

機械語アセンブラ言語は、よりハードウェアに近い言語であり、このようなプログラミング言語を低級言語あるいは低水準言語という。また、それ以外の言語は、機械語と一対一で対応せず、より人間に近い言語であり、高級言語あるいは高水準言語という。最近ではプログラムの開発効率向上のために、沢山の高級言語が生まれてきている。その中でもプログラムを作るためのプログラミング言語というものも有る。簡単なパラメーターを入れて行ったり、選択肢を選んでいくだけでプログラムが出来てしまう高級言語もある。しかし、こういった高級言語は、ハードウェアに大変遠いため、コンピューターに大きな負荷が掛かり、ハードウェアソフトウェア(主にOSなど)ともに、高度な能力が必要とされる。

戻る