プログラミング言語

分類

プログラミング言語の完全な分類法は存在しない(前述のCOBOLが事務計算用途向け、FORTRANが科学技術計算用途向けといった設計思想はあるが)。あるプログラミング言語には大抵複数の起源(影響を与えた言語)がある。言語は一般に複数の既存言語の要素と新たなアイデアを組み合わせて生み出される。ある言語を起源とするアイデアはその系統の言語群に広まっていき、あるときギャップを飛び越えて全く別の系統の言語で使われるようになる。さらに事を複雑にするのは、言語は様々な観点から分類可能という点である。例えば、Javaはオブジェクト指向言語であると同時に、並行性言語でもある(言語仕様としてスレッドを複数並行して生成可能であるため)。Python はオブジェクト指向言語であると同時に、スクリプト言語でもある。プログラミング言語の大まかな分類として、プログラミングパラダイムによる分類と想定している利用分野や用途による分類がある。パラダイムには、手続き型プログラミングオブジェクト指向プログラミング関数型プログラミング論理プログラミングなどがある。言語によっては2つのパラダイムの性格を併せ持つこともあるし、マルチパラダイムの場合もある。アセンブリ言語は、マシンのアーキテクチャを直接モデル化したものであるため、パラダイムとは言わない。用途による分類では、汎用、システムプログラミング言語、スクリプト言語、ドメイン固有言語、並行/分散言語(あるいはこれらの混合)などがある(※http://tunes.org/wiki/programming_20languages.htmlTUNES: Programming Languages 2008年2月29日)。汎用言語の一部は教育目的で設計されている(※WirthNiklausニクラウス・ヴィルトRecollections about the development of PascalProc. 2nd ACM SIGPLAN conference on history of programming languages333–3421993年 http://portal.acm.org/citation.cfm?id=1553782006年6月30日)。プログラミングパラダイムとは無関係なパラメータで分類されることもある。例えば、多くのプログラミング言語は英語のキーワードを使っているが、ごく一部の言語はそうではない。また、難解かそうでないかという分類もある。

戻る