プログラミング言語

実装

プログラミング言語の実装とは、ハードウェアおよびソフトウェアを構成して、そのプログラミング言語で書かれたプログラムを実行する方法を提供するものである。プログラミング言語の実装には大きく分けて2つの方法がある。コンパイラインタプリタである。一般にある言語をコンパイラとインタプリタの両方で実装することが可能である。コンパイラの出力は、ハードウェアで実行される場合とインタプリタで実行される場合がある。コンパイラの出力したものをインタプリタで実行する方式は、コンパイラとインタプリタの区別が曖昧な場合もある。例えば、BASICの実装には、行単位でソースをコンパイルして実行するようなものもある。一般にコンパイラの出力(実行ファイル)を直接ハードウェアで実行する方が、インタプリタで実行するよりもずっと高速である。インタプリタでの実行を改善する技法として、ジャストインタイムコンパイル方式がある。

戻る