プログラミング言語

弱い型付けと強い型付け

「弱い型付け」とは、ある型の値を別の型としても操作できることを意味する。例えば、文字列を数として扱うといったことが考えられる。これは場合によっては便利だが、コンパイル時には問題を検出できない場合がある。「強い型付け」とは、その逆である。型の混同はエラーとなる。強い型付けの言語を「型安全」であるという。型安全性はある種のプログラムの誤りを防ぐことができる。「弱い型付け」の別の定義として、PerlJavaScriptC++などが自動的に行う型変換を指す場合もある。例えば、Perl は動的型付け言語であり、実行時に型検査を行う言語である。型変換機能は便利だが、危険な場合もある。

戻る