プログラミング言語

統合と成長

1980年代は、相対的な統合の時代であった。C++は、オブジェクト指向とシステムプログラミングの統合である。アメリカでは、軍需に使うことを目的として Ada というシステムプログラミング言語が標準化された。日本などでは、論理プログラミングを応用した第五世代言語の研究に資源を費やした(※ Tetsuro Fujise, Takashi Chikayama, Kazuaki Rokusawa, Akihiko Nakase (December 1994). "KLIC: A Portable Implementation of KL1" Proc. of FGCS '94, ICOT Tokyo, December 1994. 第五世代コンピュータ・プロジェクト・アーカイブ)。関数型言語コミュニティでは、ML と LISP の標準化の動きがあった。これらはいずれも新たなパラダイムの生み出そうというものではなく、それまでに生み出されたアイデアに改良を加える動きであった。1980年代の重要な言語設計傾向の1つとして、大規模システムのためのプログラミングを目的としてモジュールの概念を採り入れた点が挙げられる。1980年代にモジュールシステムを採り入れた言語として Modula-2、Ada、ML があるが、それ以前に既に PL/I がモジュラープログラミングをサポートしていた。モジュールシステムはジェネリックプログラミングの構成要素とされることが多い(※Jim Benderhttp://readscheme.org/modules/Mini-Bibliography on Modules for Functional Programming LanguagesReadScheme.org2006年9月27日2004年3月15日)。1990年代中頃には、インターネットの急激な成長によって新たな言語が生み出される機会が生じた。Perl は1987年にリリースされたUNIX上のスクリプト言語だったが、ウェブサイトの動的コンテンツ作成に使われるようになった。Java はサーバ側のプログラミングに使われるようになった。これらはそれほど革新的ではなく、主にC言語を中心とした既存の言語やパラダイムの改良に過ぎない。プログラミング言語の進化は産業界でも研究でも続いている。現在の傾向は、セキュリティと信頼性の検証、新たなモジュール性(Mixin委譲アスペクト)、データベース統合などであるFebruary 2007。4GLSQLのようなドメイン固有言語であり、個々のデータ値を扱う汎用プログラミング言語とは異なり、データの集合を処理する。例えば、Perlヒアドキュメント機能を使うと、複数の4GLプログラムやJavaScriptプログラムをPerlのコードに埋め込むことができる(※Wall, Programming Perl ISBN 0-596-00027-8 p.66)。

戻る