ベル研究所
ベル研究所(ベルけんきゅうじょ、Bell Laboratories)はもともとBell System社の研究開発部門として設立された研究所である。ベル電話研究所とも。電話交換機から電話線のカバー、トランジスタまであらゆるものの開発を行っている。 ベル研究所の名前は、電話の発明者グラハム・ベルに由来するといわれている。現在はアルカテル・ルーセントの子会社。ニュージャージー州マレーヒルを本拠地とし、その研究施設は世界中に点在する。ベル研究所が行っていることはおおまかにいって研究、システム工学、開発の3つに分けることができる。研究としては主に電気通信の基礎技術に関するもので、数学物理学人間行動科学材料科学、コンピュータープログラミング理論などについて行っている。システム工学に関しては電気通信の分野で非常に複雑なシステムを作り上げている。開発としては通信網の構築に必要としたものよりも遥かに多くのものをハードウェアソフトウェアどちらの分野でも開発した。

1 起源と所在地の変遷
2 発明と発見の歴史
 1920年代
 1930年代
 1940年代
 1950年代
 1960年代
 1970年代
 1980年代
 1990年代
 2000年代
3 関連項目
4 脚注・出典
5 外部リンク