人工言語
人工言語(じんこうげんご)とは語彙文法が人工的に作られた言語の総称である。自然言語のように、文化的背景を持って自然に発展してきた言語に対してこう呼ばれる。広辞苑第五版では、
  1. 人と人とのコミュニケーションを取る為に作られた言語 - 国際補助語
  2. コンピュータで用いるコンピュータ言語などの形式言語
としている。例示はないが架空言語、空想言語の多くは形式言語ではなく 1 の側である。形式言語であるものもある。一方英語では、Artificial LanguageまたはModel LanguageあるいはConstructed LanguageからConlangと言い、主に 1 を指す。この記事では 1 の人工言語を扱う。2 については、形式言語およびコンピュータ言語を参照。

1 概要
2 人工言語の例
 補助言語
  歴史的な補助言語
  比較的新しい補助言語
 言語の研究のために造られた人工言語
 その他の人工言語
 創作・架空言語
 コンピュータ言語
3 関連項目
4 外部リンク