例外処理
例外処理(れいがいしょり)とは、プログラムがある処理を実行している途中で、なんらかの異常が発生した場合に、現在の処理を中断(中止)して、別の処理を行うこと。その際に発生した異常のことを例外と呼ぶ。何を持って「異常」とするかは様々であるが、次のようなものが挙げられる。

1 例外安全性
2 言語サポート
3 戻り値と例外
4 プログラムとライブラリ
5 関連項目
6 参照