和製漢語
和製漢語(わせいかんご)は、日本日本人によりつくられた漢語。古典中国語・近代北方中国語の語彙語法文法を基盤として参照しつつ、ときに日本語の語彙・語法・文法の影響(和臭)を交えて造語された。古くから例があるが、特に幕末以降、西欧由来の新概念などを表すために翻訳借用として盛んに造られるようになった。日本製漢語ともいう。「和製漢語」の意味する範囲は論者によって様々であり、統一見解はない(※陳2001。)。 「共和」(※「共和」は、『史記』周本紀および古本『竹書紀年』で、西周時代に王が一時的に追放された期間、諸侯貴族の合議制による政治運営が行われた政治体制のことを指して使われている。日本の漢学者大槻磐渓箕作省吾はこれを、同様に世襲君主がなく貴族や議員の合議制で政治を運営するという点で共通する、欧州のrespublicaの意味も含めるよう、自然な意味の拡張を行ったので、意味の拡張を日本人が行ったという意味での和製漢語である。現代では、地域時代を問わず、世襲君主のいない政治体制を指して使われる。)のように、古典中国語に用例があり、日本人が意味を拡張しただけの場合も和製漢語に含めることがある(※例えば金田一春彦『日本語 新版(上)』岩波書店、195頁。)が、たとえ純漢語であっても日本で何らかの意味変化をしているため、意味の拡張だけで和製漢語に認定することには慎重な立場もある(※陳2001。)。

1 幕末以前
2 幕末以後
3 和製漢語に関する見解
4 中国での賛否
5 脚注
 和製漢語を作った人物
6 関連項目
7 参考文献
8 外部リンク