(とう、拼音:Táng、618年 - 690年705年 - 907年)は、中国王朝である。李淵を滅ぼして建国した。7世紀の最盛期には、中央アジアの砂漠地帯も支配する大帝国で、朝鮮半島渤海日本などに、政制・文化などの面で多大な影響を与えた。日本の場合は遣唐使などを送り、に菅原道真の意見で停止されるまで、積極的に交流を続けた。唐の都は長安にあった。なお、690年武則天によって唐王朝は廃されて武周王朝が建てられたが、705年に武則天が失脚して唐が復活したことにより、この時代も唐の歴史に含めて叙述されることが通例である。日本では唐の滅亡後も(から)、唐土(もろこし)の語は中国を指す語として用いられた。詳しくは中国を参照のこと。

1 国号
2 李氏
3 歴史
 初唐(武周期を含む)(7世紀初頭 - )
 盛唐(8世紀初頭 - )
 中唐(8世紀半ば - )
 晩唐(9世紀半ば - 10世紀初頭)
4 政治
 律令体制とその崩壊
 科挙と貴族政治
 官制
 地方制度
 宦官
5 経済
 税制・兵制
 専売制
 貴族の没落と市民経済の勃興
 荘園の形成
6 文化
 思想・宗教
 文学
  初唐
  盛唐
  中唐
  晩唐
 美術
7 国際関係
 北方
 西方
 東方
 南方
 日本との関係
8 唐の皇帝と元号
9 脚注
10 参考文献
11 関連項目
12 外部リンク