国際電気標準会議
国際電気標準会議(こくさいでんきひょうじゅんかいぎ、International Electrotechnical Commission、IEC)は、電気工学、電子工学、および関連した技術を扱う国際的な標準化団体である。その標準の一部は国際標準化機構(ISO)と共同で開発されている。IEC創立総会は1906年6月26日に開催された。そのきっかけとなったのは、1900年に開始されたパリ国際電気大会議 (Paris International Electrical Congress) である。その後、英国電気学会(IEE)と米国電気電子学会(IEEE, 当時は米国電気学会)などが中心となって話し合いが続いていた。この流れの中心的役割を果たしたのが E.R.B.クロンプトン大佐である。現在では130ヶ国以上が参加している。このうち65カ国が正式会員で、他の69カ国は Affiliate Country Programme(加盟国プログラム)と呼ばれ、正会員ではないがIECに参加して自国の工業化推進の補助となるよう考えられている。当初はロンドンに本部があったが、1948年ジュネーヴに移転した。IEC憲章で規定された標準化範囲は、あらゆる電気/電子工学技術に及ぶ。具体的には、発電と送電、エレクトロニクス、磁気学と電磁気学、電気音響学、マルチメディア、遠隔通信である。また、これらに関連する分野として、用語と記号、電磁気的互換性、測定と性能、信頼性、設計と開発、安全性と環境への配慮などが対象となる。今日のIECは、各国の標準化団体が策定した標準を国際標準として採用し、参加国がそれを第一参照ポイントとして利用するという傾向がある。例えば、IEC 268-10 (1978) は Programme Level Meters の国際標準規格とされているが(具体的にはオーディオのレベルメータのスケール(目盛)に関する規格)、その内容はイギリスの標準化団体が BS4297-1968 として標準化したものであり、さらに言えば BBC の研究部門が行った仕事が元になっている。IECは、特にガウスヘルツウェーバといった測定の単位規格を開発し広めるのに貢献している。IECは当初ジョヴァンニ・ジョルジの提案した単位体系を提案したが、最終的に国際単位系として標準化された。1938年、電気の専門用語を統合するために IECは多言語の国際的な語彙集を出版した。この努力は続いていて、IECのInternational Electrotechnical Vocabulary(国際電気標準用語集)は電気/電子系産業にとって重要な仕事である。IEC標準規格には 60000〜79999 の範囲の番号が付与され、その後にタイトルが置かれる。例えば IEC 60417: Graphical Symbols for use on Equipment といった形式である。古い IEC標準規格の番号は 1997年に 60000 を加算することで全部その範囲に移動された。したがって、従来 IEC 27 だった規格は、現在では IEC 60027 となっている。ISOと共同で策定された標準規格は、ISO側の番号を付与する。例えば ISO/IEC 7498-1:1994 Open Systems Interconnection: Basic Reference Model のようになる。このような番号の標準規格は、(基本的に)情報工学分野の ISO/IEC Joint Technical Committee 1 (合同技術委員会)だけが策定する。

1 参加組織
2 技術委員会
3 外部リンク