契約プログラミング
契約プログラミング(けいやく— ;Programming By Contract)または契約による設計Design By Contract)とは、プログラムコードの中にプログラムが満たすべき仕様についての記述を盛り込む事で設計の安全性を高める技法。プログラミング言語Eiffelで初めて導入された。"Design by Contract" の頭文字からとった DbC (でぃーびーしー) でよばれることが多い。

1 概要
2 条件の種類
3 契約をサポートする言語