意味論
意味論(いみろん、Semantics)は主に二つの学問領域を指して用いられる。一つは言語学自然言語意味を扱う下位領域である。もう一つは数学において、形式面を扱う証明論とともに数理論理学を構成する下位領域である。さらに一般意味論というものもあるが、言語の使用に関する倫理を扱うものであり、一般には意味論には含めない。現在、言語学において形式意味論の重要性が増しており、それに伴い数学における意味論が大きな位置を占めるようになっている。

1 言語学における意味論
2 数学における意味論
3 計算機科学における意味論
4 意味論の課題
5 主な意味理論