手続き型プログラミング
手続き型プログラミング(てつづきがたプログラミング、: Procedural programming)は、「手続き呼び出し」の概念に基づくプログラミングパラダイムの一種。命令型プログラミングと同義に扱われることが多い。「手続き」はプロシージャ、ルーチン、サブルーチンメソッド、関数(数学の関数とは異なるが、関数型言語における関数とほぼ同義)など様々な呼称があるが、実行すべき一連の計算ステップを持つものと定義できる。手続きはプログラム実行中の任意の時点で呼び出すことができ、他の手続きからの呼び出しも、自分自身からの呼び出し(再帰呼び出し)も含まれる。手続き型プログラミングは単純な逐次型プログラミングや非構造化プログラミングよりも多くの場合よりよい選択である。非構造化プログラミングでは複雑なコードを組むことは困難であり、保守性が悪い。手続き型プログラミングには、以下のような利点がある:

1 手続きとモジュール性
2 命令型プログラミングとの比較
3 オブジェクト指向プログラミングとの比較
4 手続き型プログラミング言語
5 関連項目
6 外部リンク