李淵
李 淵(り えん)は、唐朝の初代皇帝(在位:618年6月18日 - 626年9月4日)。末の混乱の中、長安を落として根拠地とし、恭帝侑を隋の正統として立て、その禅譲により唐朝を建国した。李淵の属する李氏は、史書では西涼李暠の末裔とされ、隴西成紀を本貫とする漢民族とされているが、実際は鮮卑系の出身で、本来の姓は大野氏であり、中原の支配権を正当化するために、自分は漢民族の先祖を持っていると主張した(※張競(1997年))。

1 即位前
2 群雄争覇戦
3 対仏教政策
4 宗室
 后妃
 
 
5
6 参考文献
7 関連項目