経済
経済(けいざい Economy)とは、社会が生産活動を調整するシステム、あるいはその生産活動のことである。(※『クルーグマン ミクロ経済学』の経済(economy)の定義、およびコウビルド英英辞典の項目economyより。)世の中にある資源は有限であり、希少性を有する。社会においてはさまざまな商品)(※ここでいう財には食料衣服等のの他に、法律相談や郵便配達等のサービスや、証券等の権利情報も含まれる。)が生産され、交換分配などのプロセスを経て消費されるが、資源の希少性ゆえ要求されるすべての商品が供給できるとは限らない。経済はそれらの要求に応じて供給を決定し、実行するシステムである。日本語である経済という語は、はじめpolitical economyの訳語として導入された。この訳語の作者は福澤諭吉であり、世の中を治め、人民を救うことを意味する経世済民(若しくは経国済民)を略した和製漢語といわれる(※この訳語については、元来の意味と異なるとの批判もある。)。訳語として同時期に資生も提唱されたが、こちらはあまり普及しなかった。元の語である英語の"economy"は古典ギリシャ語οικονομία(家政術)に由来する。οικος は家を意味し、νομος は法や慣習を意味する。従って、economyの本来の意味は家庭のやりくりにおける財の扱い方であるが、近代になってこれを国家統治の単位にまで拡張し、以前の意味と区別して政治経済学political economyという名称が登場する(この名称は後にA.マーシャルによってeconomicsと改められた。)。日本のみならず漢字文化圏のほとんどの国で経済という語が普及している。ただしこれは東晋葛洪によって記された『抱朴子』(ほうぼくし)の記述が起源とされる。の太祖(李淵)の造語とする説もある。この場合上記の経世済民の意味で用いられた。 経済を主な対象とする学問として、経済学がある。

1 経済体制
 伝統経済
 市場経済
 計画経済
2 経済成長
3 「経済」の派生的用法
 金銭的
 地理的
4 脚注
5 参考文献
6 関連項目