経済

経済成長

経済成長とは経済規模の増大や生産性の向上といった経済的な能力の伸びを示す概念である(※『ブリタニカ国際百科事典 1 - 20』第6巻351項)。国あるいは地域の経済規模は、国民総生産 (GNP) や国内総生産 (GDP) によって測られる。これら産出量の変化率が経済成長率であり、狭義にはこの変化率の長期的上昇傾向を指して経済成長と呼ぶ(※『スティグリッツ マクロ経済学 第2版』533―572頁)(※『クルーグマン ミクロ経済学』用語集)(※『ブランシャール マクロ経済学』27-35頁)。経済成長を決定づける要因や、経済成長率と失業率物価などとの関連を分析する経済学の分野としてマクロ経済学がある。

詳細は「経済成長」、「マクロ経済学」、「経済成長論」をそれぞれ参照


戻る