自然言語
自然言語(しぜんげんご)とは、人間によって日常の意思疎通のために用いられる、文化的背景を持って自然に発展してきた記号体系である。大別すると音声による話し言葉と文字や記号として書かれる書き言葉がある。「自然言語」という語は特に数式プログラミング言語など人工的に定義された形式言語人工言語に対比させる必要がある場合にこう呼ばれる。自然言語は形式言語・人工言語にくらべてはるかに多様性に富んでおり、明確な定義をすることは難しい。 またその用法も他言語の流入などによってたえず変化している。自然言語の文法言語学によって研究が続けられている。また近年では、自然言語の意味内容を計算機によって自動で処理させることを目的とした自然言語処理も盛んである。

1 関連項目