英語版ウィキペディア
英語版ウィキペディア(えいごばんウィキペディア、English Wikipedia)は、英語によって執筆・編集されているウィキペディアである。2001年1月15日に設立された最初のウィキペディアであり、現在に至るまで様々な言語のウィキペディアの中で最大規模を誇る。2008年10月1日時点では、存在する全言語のウィキペディアの記事のうち、約22%強が英語版である(※Wikipedia:全言語版の統計 - 記事数の推移)。2003年10月までは、この割合は過半数を占めていたが、他言語版の記事数の増加により、その割合は徐々に低下している。2006年3月1日午後11時9分(協定世界時)に総記事数が100万件を突破し、日本ではITMediaでも取り上げられた。当時は毎日約1700項目の新着記事があった(※Wikipedia英語版の記事が100万本突破 『ITmediaNews』2006年03月03日 08時21分配信)。2009年8月17日に300万項目を達成した、300万件目の記事はノルウェーの女優Beate Eriksenの記事である(※ウィキペディア英語版、掲載記事300万件突破 『AFP BBNews』フランス通信社 2009年08月19日 08時35分配信)。2010年8月時点では、約336万件以上の記事が存在する(※Wikipedia:全言語版の統計 - 記事数の推移)。英語版の記事数は他の言語版に比して常に圧倒的な量を保持してきた。これについては、そもそもの母語話者人口の多さのみならず、編集者が世界中から集まったうえで情報を持ち寄るという、事実上の国際共通語ならではの強みも加勢している。更には、ある程度以上の経験を積んだ参加者らが「メジャー昇格」というような形であらゆる言語版から集まってくるという現象も伝統的に知られており、これも強みの一つである。Wikipedia 1.0により、記事に対しての格付けが行われている。2010年5月13日、ユーザビリティ調査を基にユーザーインターフェースを更新した(※Wikipedia(英語版)が新しいインターフェースに カレントアウェアネス・ポータル 2010年5月13日)。

1 論争
2 特徴
3 信頼性
4 脚注
5 関連項目
6 外部リンク