ALGOL
ALGOLアルゴル)は、プログラミング言語の一つ。1950年代後半、FORTRAN等の言語が米国で作られていたのに対抗して、ヨーロッパの研究者が、世界共通のプログラミング言語として開発した。アルゴリズム研究開発に用いる目的で作成され、アルゴリズム記述のデファクトスタンダードとして普及した。PL/IPascalC言語等、後の言語開発に大きな影響を与えたとされるが、現在ではほとんど利用されていない。正確にはALGOLとは下記ALGOL系列の総称で、単に「ALGOL」という名の言語は存在しない。名前「ALGOL」は「アルゴリズム言語」を意味する英語「algorithmic language」に由来する。

1 歴史
2 特徴
3 コード例
 関連項目
4 外部リンク