Amoeba
Amoeba (Amoeba分散オペレーティングシステム、The Amoeba Distributed Operating System) は、マイクロカーネルの設計思想に基づいたオープンソース分散オペレーティングシステム (分散OS) である。 オランダアムステルダム自由大学アンドリュー・タネンバウム教授、および彼の研究室の博士課程の学生であった Frans Kaashoek 、Sape J. Mullender 、Robbert van Renesse などの人々によって、開発された(※A. S. タネンバウム ほか (1995) p.667)。 Amoebaプロジェクトの主な目標は、ネットワークにつながった複数のコンピュータ全体を、あたかも一つのコンピュータシステムであるように利用者が扱えるような、タイムシェアリングシステム (TSS) を構築することであった。 第2の目標は、分散型の並列プログラムを作成するための基本実験環境を提供することであった(※A. S. タネンバウム ほか (1995) p.669)。

1 概要
2 Amoebaのプロセス管理
 Amoebaのスレッド
3 Amoebaのメモリ管理
4 Amoebaマイクロカーネル
5 Amoebaサーバ
6 Amoebaの通信
 遠隔手続き呼び出し
 グループ通信
 Fast Local Internet Protocol
7 Python
8 関連項目
9 脚注
10 参考文献
11 外部リンク