C言語
C言語(Cげんご)は、1972年ATデニス・リッチー (Dennis M. Ritchie) が主体となって作ったプログラミング言語である。英語圏では単に C と呼称されており、日本でも文書や文脈によっては同様に C と呼称される。UNIXの移植性を高めるために開発された経緯から、オペレーティングシステムカーネル向けの低レベルな記述ができることを特徴としている。

1 特徴
 自由度
 アセンブラとのインターフェース
 コンパイラ仕様
 処理系の簡素化
 その他
 コード例
 主な制御構造
 主な標準ライブラリ関数
2 歴史
 誕生
 UNIX環境とC
 パソコンの歴史とC
 現在のC
3 Cの規格
 KR
 C89
 C95
 C99
4 主なC処理系
 Windows,Linux,Unix用
 組み込み用、8ビット・16ビットCPU用
5 関連するプログラミング言語
 先祖
 拡張
 関連
6 参考文献
7 外部リンク
8 脚注