C言語

コード例

Hello worldプログラムCのHello worldプログラムには、入門書によって趣が異なるいくらかのバリエーションが存在する。Cライブラリのprintf関数を利用したものが最も一般的で、以下のようなものである。
#include <stdio.h>

int main(void)
{
  printf("Hello, World!\n");
  return 0;
}
ちなみにサンプルソース中の「\n」は改行を表す。 なお、printf関数は変数や書式化された文字列などが表示できる比較的高機能な出力関数である。Cライブラリに含まれる、より単純なputs関数を用いた例を下に示す。
#include <stdio.h>

int main(void)
{
  puts("Hello, World!");
  return 0;
}
また、Cの仕様から言えば、puts関数に渡している引数は文字列ではなく文字列へのポインタである。引数に明示的に文字列へのポインタを指定した例を下に示す。
#include <stdio.h>

int main(void)
{
  char *str = "Hello, World!";
  puts(str);
  return 0;
}
文字列をchar型へのポインタではなく配列として扱った例を示す。
#include <stdio.h>

int main(void)
{
  char str[] = "Hello, World!";
  puts(str);
  return 0;
}
このように、Cの自由度の高さから多様な記述のHello World!プログラムが存在しうる。

戻る