C言語

組み込み用、8ビット・16ビットCPU用

CodeWarrior C/C++
組み込み向けやゲーム機開発向けのC/C++コンパイラ。Mac OS(68K,PowerPC)用として発祥、かっては Windows や BeOS,Palm開発用もあった。
LSI C
8080Z80用のLSI C-80(セルフ版・クロス版。現在はクロス版のみ)と、8086用のLSI C-86がある。8086では機能限定(スモールモデルのプログラムしか開発できず、デバッガがない)の「試食版」がフリーソフトで公開され、広く使われた。試食版は『C MAGAZINE』(2006年4月号で休刊)の付録フロッピーディスクCD-ROMにも収録されていた。
High C
元はx86向けでPC/AT互換機用だが80386のネイティブモードに対応したためFM TOWNSでも標準開発環境として使用された。現在は各社RISC向け。
Hitech-C
Z80PICなど。
IAR-C/C++
新旧の組み込み向けCPU各種を広くカバーする。現在は統合開発環境EW・SWに移行。
C compiler PRO68K
X68000用のK
BDS-C
CP/M(8080・Z80)用のサブセット(整数のみ)のK Cコンパイラ。現在はパブリックドメインソフトウェア
Quick C
MS-Cの廉価版(※ Microsoft Releases C Program Wares, Provides Rebates
  InfoWorld
  November, 9 1987
  29
  http://books.google.pl/books?id=Sj0EAAAAMBAJ
)。Visual C++ の Standard Edition に置き換わった(※ Visual C++ adds Windows support
  InfoWorld
  February, 22 1993
  17
  http://books.google.pl/books?id=vjsEAAAAMBAJ
)。

戻る