C++
C++シープラスプラス、日本では略してシープラプラシープラ、あるいはシータスタスなどとも)は、汎用プログラミング言語の一つである。高度な機能を使用してもプログラムの実行性能が低下しすぎないように、言語仕様・ライブラリに様々な工夫が施されている。1990年代以降、C++は、最もよく利用される商用のプログラミング言語の1つとなっている。静的な型システムを持ち、手続き型プログラミングデータ抽象オブジェクト指向プログラミングジェネリックプログラミングといった複数のプログラミングパラダイムをサポートするマルチパラダイムプログラミング言語である。C++は、1983年にベル研究所のコンピュータ科学者であったビャーネ・ストロヴストルップが、C言語の拡張として開発した。当時の名前は「C with Classes」(クラス付きのC言語)というものであった。拡張はクラスの追加に始まり、仮想関数多重定義多重継承テンプレート例外処理といった機能が続いていった。C++言語の標準は1998年にISO/IEC 14882:1998として承認され、現在のバージョンは2003年に制定されたISO/IEC 14882:2003である。新しいバージョンが策定中で、非公式ではあるが「C++0x」と呼ばれている。(それは2000年代中に制定され、正式に「C++09」と呼称されるであろうことを見越した仮称であったが、2000年代中には実現しなかった。)

1 歴史
 標準規格
 将来
 C++という名称
2 哲学
3 標準ライブラリ
4 外部ライブラリ
5 特徴
 Hello World!
 演算子と演算子のオーバーロード
 テンプレート
 オブジェクト
  カプセル化
  継承
 多態
  静的な多態
  動的な多態
   派生
   仮想関数
 単一行コメント
6 C++ソースコードの処理とパーサ
7 互換性
 C言語との互換性
8 主なC++処理系
9 脚注
10 参考文献
11 関連項目