C++

哲学

ビャーネ・ストロヴストルップは著書『C++の設計と進化(1994)』でC++を設計する際に用いたルールを述べている。 C++のコンパイラがどのようにコードを出力しメモリのレイアウトを決めるのかということについてはInside the C++ Object Model (Lippman, 1996)に記載されている。ただしコンパイラが出力するコードの仕様はコンパイラ制作者の裁量に任されている。

戻る