C++

標準ライブラリ

詳細は「標準C++ライブラリ」を参照

1998年に施行されたANSI/ISO C++ 規格は言語仕様とライブラリの2つのパートで構成される。ライブラリ規格の大半はStandard Template Library (STL)とC言語の標準ライブラリの改良版についての内容である。標準規格以外にも様々なライブラリが数多く存在し、リンカを使用することにより、C言語FORTRANPascalBASICのような言語を用いて作成されたライブラリを利用できる。規格外のライブラリが利用できるかどうかはコンパイラに依存する。C++標準ライブラリはC++向けに若干の最適化が施されたC言語標準ライブラリを含んでいる。C++標準ライブラリの大部分はSTLである。 コンテナ(可変長配列リストなど)、コンテナを配列のように扱えるようにするイテレータ、検索やソートを行うアルゴリズムといった有用なツールが提供されている。さらにmapやmultimapのような連想配列や、setやmultisetのようなソート済みコンテナも提供され、これらは全てインターフェイスに互換性がある。テンプレートを用いることにより、あらゆるコンテナ(またはイテレータで定義したシーケンス)に適用できる汎用的なアルゴリズムを記述できる。C言語と同様にライブラリ機能には#include ディレクティブを使ってヘッダファイルを読み込むことによってアクセスする。C++には69本の標準ヘッダファイルがあるが、このうち19本については非推奨となっている。STLは標準規格に採用される前はヒューレット・パッカードの(一時はシリコングラフィックスの)商用ライブラリであった。STLは標準規格の単なる一部分に過ぎず規格書にSTLという表記は見られないが、STL以外の部分(入出力ストリーム、国際化、デバッグ機能、C言語標準ライブラリ等)と区別するために今でも多くの人がSTLという用語を使っている。大半のC++コンパイラはSTLを含むC++標準ライブラリの実装を提供している。STLPortのようなコンパイラ非依存のSTLも存在する。様々な目的でC++標準ライブラリを独自に実装しているプロジェクトは他にもある。C++の標準ライブラリは大きく次のように分けられる。多種多様な実行環境が存在することを考慮して、スレッドGUIに関するライブラリは標準に含まれていない。

戻る