C Sharp

概要

開発にはボーランド社のTurbo PascalDelphiを開発したアンダース・ヘルスバーグを筆頭に多数のDelphi開発陣が参加している。C#は共通言語基盤共通言語ランタイムなど)が解釈する共通中間言語コンパイルされて実行される。基本的な書式がC言語風になっているため、初見の構文はサン・マイクロシステムズ社によるJavaに近いと言われるが、実際の構文はDelphiに準じており、C言語風ということもありC++ Builderの独自拡張構文に極めて近い内容となっている。またプロパティデリゲートなどDelphiの構文そのまま、もしくは名称変更しただけの機能となっているものが多い。C#ではなく.NET Frameworkの一部となるが、基本クラスライブラリもDelphiのVisual Component Libraryとほぼ同一の内容となっており、一部コンポーネントではバグまで完全移植されている。自動ボックス化デリゲートプロパティインデクサカスタム属性ポインタ演算操作、構造体(値型オブジェクト)、多次元配列可変長引数、などの機能を持つ。また、Javaと同様に大規模ライブラリプロセッサ・アーキテクチャに依存しない実行形態、ガベージコレクションJITコンパイルによる実行の高速化、などが実現されている(もっともこれらはC#の機能というより.NET Frameworkによるものである)。.NET構想における中心的な開発言語であり、XML WebサービスASP.NETの記述にも使用される。他の.NET系の言語でも記述可能だが、生産性・機能においてC#が最も優れるとされる。マイクロソフトの統合開発環境では、Microsoft Visual C#がC#に対応している。共通言語仕様のCLSによって、他のCLS準拠の言語(Visual Basic .NETVisual C++ (C++/CLI)など)と相互に連携することができる。他言語で記述されたクラス継承することも、またその逆も可能である。C#はEcma International(※Standard ECMA-334 C# Language Specification)および国際標準化機構 (ISO)(※ISO/IEC 23270:2003 C# Language Specification) によって標準化され、日本においても日本工業規格 (JIS)(※JIS X 3015 プログラミング言語C#) によって採択された。

戻る