D言語

引数の和

import std.stdio, std.conv : to;

void main(string[] args)  // D の配列は要素数の情報を持っている
{
    int sum;
    foreach(arg; args[1..$])  // 変数 arg は型推論により string 型になる
    {                         // 配列のスライシングも組込みでサポートされる
        sum += to!(int)(arg);  // to はテンプレート関数
    }
    writeln(sum);
}

戻る