GNU General Public License
GPLGNU General Public License(GNU GPLもしくは単にGPLとも)とは、GNUプロジェクトのためにリチャード・ストールマンにより作成されたフリーソフトウェアライセンスである。八田真行日本語訳ではGNU 一般公衆利用許諾書と呼んでいる(※
http://sourceforge.jp/projects/opensource/wiki/licenses%2FGNU_General_Public_License_version_3.0
GNU 一般公衆利用許諾書
フリーソフトウェア財団Free Software Foundation八田真行
2008-04-11
SourceForge.JP
2011-03-28
)(※ 一般には八田真行の訳が知られているが、以前SRAの社員だった引地信之美恵子の訳文も存在し、彼らは「GNU一般公有使用許諾書」と翻訳している。 http://www.gnu.org/japan/gpl-2j-plain.txt
GNU一般公有使用許諾書
フリーソフトウェア財団Free Software Foundation引地信之 (プログラマ)引地信之引地美恵子美恵子
GNU.org
2011-03-28
)。

1 概要
2 歴史
 普及度
3 主な特徴
4 バージョン履歴
 バージョン1
 バージョン2
 バージョン3
5 利用条件
 コピーレフト
6 ライセンスと契約にまつわる問題
7 ライセンス条文の著作権者
8 リンクと派生物
 ライブラリ
  見解: プロプライエタリ・ソフトウェアを動的リンク、静的リンクすることはGPLに違反する
   プラグイン
  見解: プロプライエタリ・ソフトウェアを静的リンクすることはGPLに違反するが、動的リンクに関しては不明瞭
  見解: リンクは無関係である
 集積物の別の部分と見なされるパッチ
 非GPLプログラムとの結合や組み合わせ
9 法廷におけるGPL
10 両立性とマルチライセンス
 マルチライセンス
11 採用実績
12 テキストメディアならびに他のメディアにおける利用
13 GPLv3にまつわる話題
 主要な用語の定義{{note label|gplv3-term-definitions|A|A}}
 基本的な許可
  GCCランタイムライブラリ例外
  開発委託
 技術的保護手段回避を禁ずる法への対抗措置
 忠実な複製の伝達
 改変版ソースの伝達
 ソース以外の形式における伝達
 追加的条項
 終了
 複製の受領の為の行為とその行使における許諾の不要
 下流の受領者への自動的許諾
 特許
 他者の自由を明け渡してはならない
 GNU Affero 一般公衆利用許諾書との利用
 本ライセンスの改訂されたバージョン
 無保証性
  保証の否認
  責任の限定
  補足事項
14 論争
 マイクロソフト
  「ウイルス」性
 商用化への障害
 二次的著作物
 条項の複雑さ
15 よくある誤解
16 脚注
17 参考文献
18 関連項目
19 外部リンク
 ライセンス
  原文
  非公式日本語翻訳版
  IPAによる翻訳、解説文書
  GNUプロジェクトによる文書
 GPLv3の策定に関する公開協議
  日本
 GPLv3への移行とその影響
 過去のライセンス
  Emacs General Public License
  過去のGPL
 LGPL
 GPL支持者の文書
 ガイド
 その他
  議論
  準拠法に対するGPLの法的解釈
  法廷判断