Java

Java技術の標準化

詳細は Java Community Process(JCP)を参照
現在、Javaプラットフォームの将来のバージョンや機能は、JCP(Java Community Process)の標準化プロセスのもとで開発されている。JCP のメンバになることで、Java技術の将来のバージョンや機能の定義に関与することができる。JCP には、IBMボーランドBEAシステムズ富士通Apacheソフトウェア財団ヒューレット・パッカード など、さまざまな個人、団体、企業がメンバとして参加している。JCP は、Javaプラットフォームに追加する仕様や技術を、JSRs(Java Specification Requests)という文書群に記述する。プログラミング言語JavaとJavaコアAPIに関わるいくつかの JSRs を示す。

戻る