Java

Windows exeパッケージ化

Windowsにて、配布、実行しやすくするために、Javaのjarファイルをexeファイル(実行ファイル)でラッピングするツールがある。以下が、その一例である。 Java Web Start には、適切なバージョンの JRE をインストールする機能があるが、そもそも、JREがインストールされていない場合は、それが不可能である。JSmooth などでは、ラッピングされた exe が、必要な JRE がインストールされていないことを検出した時は、JRE をダウンロードして、インストールする機能を持つ。また、上記3つすべてにおいて、JREを同梱して、同梱したJREを使ってアプリケーションを実行する機能を持つ。また、通常の Java アプリケーションでは、Windows のタスクマネージャには、java.exe や javaw.exe と表示され、Java のアイコンが表示されるが、自前の exe ファイル名と自前のアイコンを表示する機能を持つ。さらに、上記のいくつかは、アプリケーションの2重起動を防止したり、アプリケーションを Windows サービス(NTサービス)化する機能を持つ。Sun が特定のOSに特化した機能を提供することを嫌がっているため、これらの機能が不足しており、それを補うために、exeパッケージ化が存在する。

戻る