JavaServer Faces
JavaServer Faces (JSF) は Java ベースの Webアプリケーションフレームワーク であり、Java EE アプリケーションのユーザーインターフェイスの開発を簡単にする。他の伝統的なリクエスト駆動型の MVC Web フレームワークと異なり、JSF はコンポーネントベースのアプローチをとっている。 UI コンポーネントの状態は、クライアントが新しいページをリクエストした際に保存され、リクエストに対するレスポンスが返されるときに復帰される。標準では、JSF は JavaServer Pages (JSP) を表示技術として使用するが、JSF は XUL などの他の表示技術を利用することもできる。JSF には下記の要素が含まれる: JSF 仕様は Java Community Process の元で、JSF 1.0 および 1.1 を定義する JSR127 として、 JSF 1.2 を定義する JSR252 として開発された。今後登場する JSF 2.0 は JSR 314 として開発中である。

1 JSF のバージョン
2 他の Web GUI フレームワークとの比較
 Struts
 WebObjects / Wotonomy
 Apache Tapestry
 Microsoft ASP.NET
3 JSF と Ajax
 Ajax を用いる JSF コンポーネントとフレームワーク
4 関連項目
5 参考文献
6 書籍
7 外部リンク