Java Management Extensions
Java Management ExtensionsJMX)は、アプリケーションソフトウェア/システムオブジェクト/デバイス(プリンターなど)/サービス指向ネットワークなどの監視・管理のためのツールを提供するJavaプラットフォーム技術の一種。これらのリソースは MBean(Managed Bean)と呼ばれるオブジェクトで表現される。このAPIの面白い特徴として、クラス群を動的にロードしてインスタンス化できる。JMX 1.0、1.1、1.2 は Java Community ProcessJSR 3 で定義された。2006年、JMX 2.0 が JSR 255 として開発中である。遠隔管理・監視のための JMX Remote API 1.0 は JSR 160 で規定された。Webサービスのための JMX Remote API 拡張は JSR 262 で開発中である。当初、J2EE に受け入れられたが、JMX は Java SE にも組み込まれている(5.0から)。JMX はサン・マイクロシステムズの商標である。

1 アーキテクチャ
2 サポート
3 関連項目
4 参考文献
5 外部リンク