Java Platform, Standard Edition
Java Platform, Standard Edition または Java SE(バージョン5.0までは Java 2 Platform, Standard Edition または J2SEと呼ばれていた)は多くのJavaプラットフォームプログラムで役立つJava APIの集合体である。Java Platform, Enterprise Editionは Java SEにあるクラス全てを含み、さらに、ワークステーションよりもサーバ上でプログラムを動かすのにより役立つ機能が追加された製品である。 J2SE1.4バージョン (Merlin )以降、Java SEプラットフォームはJava Community Processの下で開発されている。JSR 59 はJ2SE1.4の包括仕様であり、JSR 176はJ2SE 5.0 (Tiger) を規定している。Java SE 6 (Mustang) はJSR 270の下でリリースされた。Java仮想マシンAPIなどから成る。下記は主要なJava SEパッケージの説明である。全てのパッケージリストはJava SE 6 API Javadocsを参照。

1 一般的なパッケージ
   Discovery
   Use by name
   配列とプロキシ
  ストリーム
  ランダムアクセス
  ファイルシステム
2 特殊パッケージ
3 外部リンク