Microsoft Windows
WindowsマイクロソフトのOS壁などの採光・換気口窓Windows入門Microsoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)は、マイクロソフトオペレーティング システムまたはオペレーティング環境で、1985年11月に初めてリリースされた。マイクロソフトは2006年頃からOSの概念を拡張して携帯デバイスインターネットを含めたソリューションを構築する構想を進めており、その一環として「Windows Live」や「Windows Mobile」など、パソコン用OS以外の製品にも Windows の名をつけることが増えた。2008年度下期以降「Windows」はOSだけの名称ではなくコンシューマー向けデバイス、情報・コンテンツサービス全体のブランドになることが発表された(※マイクロソフト2008-09-30http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3538Windowsブランドを刷新、新たなコンセプトによる様々な施策を展開PressPass2008-12-18)。初期のWindowsは西和彦関本忠弘の指揮のもと、マイクロソフト(アスキー)と日本電気(NEC)による共同開発の名目となっており、そのほとんどの開発がNECで行われていた。そのため海外ではWindowsの存在がほとんど知られていなかった時代から、PC-9801VX4にWindows 1.0が添付されたのを皮切りにNECのPC-9800シリーズでは付属ソフトウェアとして添付されていた。また、日本語版ありきの開発体制のため、日本語への対応はUnicodeなどなかった時代にもかかわらず、他の英語ありきのOS群を圧倒していた。ただ、その名残で現在のWindows搭載パソコンはほぼIBM PC/AT互換機だが、その主力文字コードはシフトJISIBM拡張ではなくNEC拡張(詳細はMicrosoftコードページ932を参照)となっている。また、NECはWindowsの開発拠点としてシアトル郊外のレドモンド にあるマイクロソフト本社の横に当時のマイクロソフト本社を遙かに超える規模のNECレドモンドテクノロジーセンターを建造した。なお、NECレドモンドテクノロジーセンターは2011年現在も存続しており、Windows Serverの開発拠点となっている。

1 概要
 市場シェア
 マイクロソフトによる独占の問題
2 バージョン
 初期のバージョン
 Windows 3.0 と 3.1
 Windows 95/98/Me
 Windows NT 系
  64 ビット オペレーティング システム
 Windows CE
3 セキュリティに関して
 サービス パック
4 Windows に関係する資格
 マイクロソフト認定プロフェッショナル
 マイクロソフト認定アソシエイト
5 脚注
6 関連項目
7 外部リンク