Objective-C

Objective-C++

Objective-CとC++が混在したもの。両者はCからの拡張部分がほぼ干渉しないため、お互いをただのポインタ値と見なすことで表記が混在できる。したがってクラスシステムの互換性はなく、単純なObjective-C & C++になる。主な用途はC++のライブラリをObjective-Cからアクセスするためのラッパー記述で、実例としてAppleのWebKitKHTMLベース)などがある。コンパイル速度が非常に遅くなることもあって積極的に用いられることは少ない。

戻る