PHP: Hypertext Preprocessor
PHP: Hypertext Preprocessor(ピー・エイチ・ピー ハイパーテキスト プリプロセッサー)とは、動的にHTMLデータを生成することによって、動的なウェブページを実現することを主な目的としたプログラミング言語、およびその言語処理系である。PHPはサーバーサイド・スクリプト言語として利用されており、Webサーバ上で動作し、Webサーバ上でPHPスクリプトの文書が要求されるたびに、そのPHPスクリプトが実行され、結果をウェブブラウザに対して送信する。サーバサイド・スクリプト言語では、Webサーバからウェブブラウザに送信される時点では既に処理が完了しており、スクリプトを含まない通常のHTMLがデータとして送出される。この点で、HTMLと同時に送信され、ウェブブラウザにて実行されるクライアントサイド・スクリプト(この用途では、主にJavaScriptが使われている)とはまったく異なる概念である。平易な文法のため初心者でも習得しやすく、また大規模な開発にも多く用いられている。多くのフレームワークやライブラリが存在し、開発の手助けとなっている。数多くのオープンソースウェブアプリケーションに利用されている一方、しばしば脆弱性の報告がなされ、過去に深刻なセキュリティホールが何度か報告されている。

1 名称
2 特徴
3 技術構成
 スクリプト実行環境
 Webサーバとの統合
4 構文
 基本と制御構造
  データ型
  配列
  グローバル変数
 クラスとオブジェクト
  アクセス権
  インタフェース (情報技術)#ソフトウェアインタフェース|インタフェース(定義部)と抽象化 (計算機科学)|抽象化(abstract)
   インタフェースの実装
    インタフェースの継承
    interfaceの多重継承について
   抽象クラスの定義
    実行結果
 PDO
 その他
5 代表的なソフトウェア
 ウェブアプリケーション、CMSなど
 ウェブアプリケーション・フレームワーク
6 対応する主要DBMS
7 歴史
 PHP 1.0
 PHP Version 2 (PHP/FI)
 PHP 3.0
 PHP 4.0.0
 PHP 4.1.0
 PHP 4.2.0
 PHP 4.3.0
 PHP 4.4.0
 PHP 5.0.0
 PHP 5.1.0
 PHP 5.2.0
 PHP 5.3.0
8 脚注
9 関連項目
10 外部リンク