PHP: Hypertext Preprocessor

アクセス権

アクセス権やfinalはPHP 5で導入された概念である(一部除く)。finalはメソッドを子クラスでオーバーライドすることを禁止する構造である。インスタンス化されていないabcクラスのbメソッドを静的に呼び出したい場合、
// static:
class abc
{
	public static function b()
	{
	}
}
とstatic宣言をせねばならない。宣言がない場合、全てpublic(どこからでも参照可)で処理される。なおvarは互換性のため残されており、publicと等価であるが、PHP5.1.3以前のPHP5はエラーとなる。protectedは親クラス・派生クラス・ないしそれを実装するクラス自身からのアクセスのみを許可し、privateは定義クラス内部のみ参照が可能である。

戻る