Peer to Peer
Peer to Peer(ピアトゥピア、ピアツーピア)とは、多数の端末間で通信を行う際のアーキテクチャのひとつで、対等の者(ピア)同士が通信をすることを特徴とする通信方式、通信モデル、あるいは、通信技術の一分野を指す。P2Pと略すことが多い。

1 概要
2 オーバーレイネットワークとしてのP2P
3 メリット、デメリット
 メリット
 デメリット
4 P2Pアプリケーションの分類
 一対一通信型
 オンデマンド型
 放送型
5 技術的な分類
 インデックス情報の持ち方での分類
  ハイブリッドP2P
  ピュアP2P
  スーパーノード型P2P
 ピュアP2Pの構造による分類
6 P2Pノードの一般的な機能
7 P2Pに対する誤解と技術的課題
8 関連項目
9 外部リンク
 研究資料
 P2P関連情報サイト
10 脚注