Perl

サブルーチン

サブルーチンは以下のように定義する。
sub hello {
    print "Hello, world!\n";
}
呼び出しは以下のとおり。
hello();
hello;
&hello();
サブルーチンは関数としても機能する。その場合、最後に評価した値ないしreturnで指定された値が戻り値となる。
sub hello {
    return "Hello, world\n"; # return は省略可能
}
print hello(); # "Hello, world!" と表示
引数は特殊変数@_に格納される。
# 丁寧に書いた例
sub mul {
    my ($left, $right) = @_;
    return $left * $right;
}

sub mul { $_[0] * $_[1] }; # こうも書ける

戻る