Perl

歴史

Perlのバージョン
Perl 1.0 1987年12月18日にリリース。
Perl 2.0 1988年6月05日にリリース。
Perl 3.0 1989年10月18日にリリース。
Perl 4.0 1991年3月21日にリリース。
Perl 5.0 1994年10月17日にリリース。リファレンスおよびオブジェクト指向に対応。また、useが導入され追加モジュールの取扱いが大幅に強化された。
Perl 5.5.0 1998年7月22日にリリース。正規表現の拡張、B::*モジュールによるフックのサポート、qr// 正規表現演算子の追加がなされた。BeOS を含む幅広いオペレーティングシステムに移植された。日本国内で最も重要なことは、このバージョンが JPerl がサポートする最後のバージョンということである。したがって、日本語情報処理において今なお使われている。
Perl 5.6.0 2000年5月22日にリリース。our文やウィークリファレンス、warningsプラグマの導入など、言語コアが大きく拡張された。試験的ながらUnicodeのサポートを開始した最初のバージョン。バージョン番号の構造を変更。サブバージョン(5.6.0の6に相当)が偶数のものが安定版、奇数のものが開発版を意味する。
Perl 5.8.0 2002年7月18日にリリース。5.8系列の最新版は5.8.9(2008年12月14日)。汎用文字エンコーディング操作モジュールEncodeが標準ライブラリに加えられ、UnicodeおよびShift_JISなどの様々な文字エンコーディングに正式に対応した。また、スレッドやPerlIOレイヤが導入された。
Perl 5.10.0 2007年12月18日にリリース。この日はPerl 1.0のリリースからちょうど20年目にあたる。静的変数を宣言するstate文や、switch文に相当するgiven文、sayなどの言語拡張が導入された。また、新しいキーワードの導入による互換性の問題に対処するため、新しいキーワードの導入をfeatureプラグマで制御できるようになった。
Perl 5.12.0 2010年4月13日にリリース。packageのバージョン指定構文や未実装部分を表す...演算子(ヤダヤダ演算子)、後置のwhen修飾子などが導入された。また、日付と時刻に関するコアモジュールが2038年問題に対応した。
Perl 5.14.0 2011年5月14日にリリース。Unicode 6.0にほぼ完全に対応。IPv6サポートの改善。push, pop, unshift, shift, each, keys, valuesなどの配列やハッシュを受け取る関数が、リファレンスを受け取ることができるようになった。「package パッケージ名 { ... }」構文の追加。値を破壊せずに戻り値として返す正規表現オプション「r」が追加。

戻る